今日、5年という2年の男児を育てておる女だ。長男の時から、今でもついやってしまう、病みつきという好みがあります。それは、お子さんの口臭計測だ。何故そんなことを始めたかというと、赤ん坊の口臭は、良い雰囲気がしたからです。依然としておっぱいやミルクしか飲んでいない赤ん坊の口臭は、ミルクの緩い雰囲気が行なう。その雰囲気を嗅ぐと癒されるようになってしまいました。お子さんの頬に面構えを塗り付けるって、頬のプニプニと口臭を味わえて至福の中だ。泣いている時も、とりあえず口臭を嗅ぐので、お子さんが泣いてイライラすることは、身はありませんでした。泣いて掛かるお子さんにはスイマセンのですが、婦人は密かに癒されていました。最近、長男はもちろん次男もおっぱいやミルクは飲んでいませんが、癖になってたまたま口臭を嗅いでしまう。最近は口臭計測でお子さんのボディがちょっぴり分かるようになってきました。ただ、長男が、さすがに身が面構えを近付けるといった止めるようになってきてしまいました。残るのは次男のみですが、次男もむかし止めるようになってしまう。それも練習の象徴ですが、その時を思うと僅かつらいだ。そうして、大人した子ども達にそんなことを話したら、おそらくポリシー悪がられるのだと思います。ポリシー悪がられないぐらいキレイな婦人でいられるみたい頑張ります。けれども、本当は、口臭チェクを通じていたなんて言わない方が良いのでしょうね。