温かくなってきたこの季節になると本屋に並ぶマガジンには春の出で立ちというステージが増えます。私、出で立ちには興味がなく衣装は着られればいいという認知なのでそういったマガジンを手に取る事はありません。出で立ちで目にする事があるとしたらテレビジョンのインフォメーションぐらいだ。正午の企画でこういうスカートに方向づける春の服装をこういう金額で決めてみよう、とかいう企画は探るのが好きです。どこにでもある店で選ぶというのがその企画を見る一番の理由です。安い衣装やアイテムも今の流行りに乗り遅れない、という感じで服装を通してくれるので何気に目に留まります。似合わない色彩や衣装もありますが言葉と共に衣装を合わせてくれるので頭に居残るのだと思います。無論、テレビジョンで紹介していただける人様は種別だったりするのであたしは方針も顔付きも違いますが、近付きたいという人様もいるんだろうなといつも思います。でも周囲の人たちがすべて持っていると自分も保ちたいというのは年齢問わず皆が同じなのだと思います。そうはいっても矢張り流行りの衣装は数字が張るので安くても似合う感じになるように自分でセットできるようになれたらいいなと思います。