30代ともなればアラサーと呼ばれる現代親を憧れて話し成長してきた今は、成婚出来たけど10通年子供を授かる事が出来てない現状20代の時分は、まだまだ余裕があるといった徐々に構えて生活してましたが今は、焦燥が出てくる生年月日に攻撃し卵子の寿命において練るようになりました。女性は、坊やを産んで女房になる喜びがありますがこのまま年老いていくだけのライフスタイルもどうなのかと考えるようになり生理がくればまた一からリセットって言い聞かせてます。30代は、別に卵子が元気に育って35年をめどに衰えていくそれは、女性が懐妊したい坊やを授かりたいという思惑がかけ離れて出向く事を指してるので知人から焦らないで焦ったら一層授かれ無いよと言われる日々に大息が出ます。コイツばっかりは、仕方ないやろなと言い聞かせて成婚て2人で越えなきゃいけないいくつもの障害が目の前にある。無い物ねだりの人生ですなと又もや思うようになった。父親って2人で生活して行く中で得たものは、たくさんあると気付かされました。それは、坊やが居てない持ち家だとしてもアベック両者が仲良く日々を暮す身の回りこそ幸せなんだなて思いました。こういう気持ちは、誰にも渡り合える坊やが居てなくても両者が決めた人生ならどういう障害だって乗り切れるといったそれこそ適切アベックが選んだ道程ですなて思います。