側から「手作り市」に陳列するから来て〜と誘われたので、行ってみました。大きなモールのパーキングの一部で、たくさんの手作りのお店を陳列やるセレモニーでした。そこで手作りの物って、色んな種類があるのだということをようやく知りました。手作りの各国は、誠に幅広いのだ!って感心してしまう。みなさんは何も作ったり取り止めるので。ただしそういったみなさんは、小学生の頃、手芸組織に入っていたのだということを思い起こし、少し苦笑い。手作りといえば、布によって、ミシンで…とか、刺繍して…とかしか思い浮かばなかったのです。勿論、布によって紙袋やファッションや小物を販売しておられる方もとりどりいました。その他、ビーズかざりやシルバーかざりも、かろうじて知っていました。なんにも知らなかったのは、クレイ(樹脂粘土や軽量粘土)やプラバンによる皆(ストラップとか)、ペーパーバンドかご、外装という(スワロフスキー貼った物)、アロマオイル石鹸、ポーセラーツ(食器にステッカー貼った物)などたくさんありました。そういったものは貰うから取るほうが明るいのかも、は思いつつ、通常自分ではやらないだろうと予想されるので(笑)、必ず貰うから。全員、自分の作ったものを褒められたり、買ってもらったり、ただの販売とは違う幸せがあるのだなと思いました。陳列されている方は、かなりイキイキとして楽しそうでした。一つ一つのブースにバッチリ見入ってしまいました。楽しい一日でした!