今日TVなどでそれほど紹介されているオーブン領域があります。焼く、ゆでる、蒸すという料理の一部が出来るだけでなく、終息の状態まで叶うというものです。勿論電子領域の温め機能も使えます。わたしが見たTVでは、炒飯を作っていました。我が家のオーブン領域も様々な機能がついているものを2歳ほど前に購入しました。家電量販店で購入したのですが、さすがそんなお店に出向くといった人員も素晴らしい機能のものを進めてくるし、己たちも便利で様々な機能が付いているものが宜しいなぁとして仕舞うのでした。ですが、現に最高取り扱うのは電子領域の温め機能で、いかに様々な機能があると言っても趣味の軽食づくりの時くらいしかその機能は使用していませんでした。かりに手軽とはいえ、はじめてその機能を使う時折説明書を読み、その通りに料理を進めなければなりません。ついフライパンや鍋で煮たり焼いたり講じるいつもの料理のやり方をしてしまうのです。但し、坊やが生まれてからこういう機能を近々使うようになってきました。坊やがしょうもないうちは、何だかディナーに時間をかける事は出来ません。どうしても時短でいち早くディナーをしないといけません。たとえば魚を焼くだけのことでも、魚焼きグリルで魚を焼くって、グリルを洗わなければなりません。フライパンといった鍋を使うディナーなら、それらを洗わなければなりません。坊やがいない時折何て店のなかった運転なのですが、ここすら省略したくなったときにこういうオーブン領域のこたを思い出しました。教本を探し出し開くと、魚も焼き上げるし、お弁当の副食も同時に何タイプも作れます。何となく下準備の時間はかかりますが、そのあとはオーブン領域に入れて待つだけです。なにより洗い物が鎮まるほうがこういう機能の一番の魅力だと思います。